MENU

中国での監禁体験 2007/08/17

昨年は中国人社員が広東省は広州で拉致、監禁され、

身包みをはがされた。

先週は私が住む蘇州のアパートから近い場所で、

日本人が強盗傷害事件にあった。

貧富の差が大きい中国の治安は確実に悪化し続けている。

幸い俺様は強そうに見えるらしく、

8年間、怖い思いをしたことは一度も無かった。

おとといまでは。



まさか、

この俺様が、



監禁されるなんて。



それは食事を済ませてアパートに帰る途中のこと。

飲み物を買うために立ち寄ったコンビニで起こった。

レジで支払いを済ませ、外に出ようとしたところ、

バゴン!







開くはずの自動ドアが開かずにガラスに頭をぶつけた。
俺様には毛が無いので何の前ぶれもなくいきなり衝撃が走った。

次の瞬間

グォギィッ!

力でドアを開けようとしたらドアが壊れてしまった。

どうやらトドメを刺してしまったようだ。

出入り口はここ一箇所しかない。

二人の店員と俺様を含めて4人の客が閉じ込められた。



壮絶な救出劇が始まった。

店員も客も誰ひとり壊した私を攻めることが無いばかりか、

全員が何とかドアを開けようと懸命に努力し始めた。

店員に文句を言う客もいない。

中国人は目先の問題を解決しようとする意欲が強い。

中に居る中国人男女5人はなんとかドアを開けようと交互にトライ。

客も店員も関係無い。




連中を見ていて上海で走っているトローリーバスのことを思い出した。

電線が外れてしばしば動かなくなるのだが、

乗客たちはブツブツ言いながらも外に出てバスを押し始めるのだ。



今回もそうだ。

外の野次馬達まで一緒になってドアを開けようと一生懸命に頑張る。

そもそも日本でコンビニに閉じ込められるなんてことは有得ないが、

もし同じ状況になったとしても

恐らく店員に任せっぱなしで客は文句を言いまくるのがオチだろう。



被監禁状態は店員が自動ドアの電源を入れ直すことでドアが開き、

アッサリと終わりを迎えた。

実はこの事故、日常茶飯事なのかもしれない。次の瞬間、店員は何も無かったようにレジを打ち始めていた。




この間約30分間の貴重な体験で感じた。

中国人の方が度量が大きい。



慣れたと思っていた中国において、

久しぶりに異文化を感じた。



コンデジ概論 2007/08/13

こんでじ【コンデジ】

コンパクトデジタルカメラの略称。
これに対しデジタル一眼レフカメラのことを略してデジイチと呼ぶ。



コンデジ。

あの表彰状を読み上げるような撮影姿勢が嫌だ。

プチュリッ!

あの昆虫を潰したようなシャッター音が嫌いだ。


起動レスポンスは悪く、チープなレンズは歪みが多く、

不自然に濃く派手な色。塗り絵のようなギトギトのシャープ処理。

軽くて小さいというメリットを相殺できないほどのデメリットの数々。

俺様はコンデジなんか使わね?!と断言してきた。

ところが、

コンデジ不要論を展開し論戦を繰り広げてきた俺様、

なんと、

コンデジを買ってしまった。

うっかりカメラを持たずに出張してしまい、撮りたい画ができたので仕方なく買うことにした。本当はデジイチでは撮れない写真が撮れるコンデジがほしかったので水中でも撮れて衝撃にも強いオリンパスμ770を考えていたが、SDカードが使えないのでやめた。また、現在のニコンのラインナップでは残念ながら欲しいコンデジが無い。ニコンガンバレ!



リコーのCaplio GX100。
24mmから72mmまでの光学3倍ズーム。1001万画素。CCDビューファインダー付き。

出張中の広東省はシンセン市内の電気屋でゲット。

道中をスナップ撮りしながら上海に戻った。


ホテルの部屋にてプチュリ。


航空機内でプチュリ。


イタ飯屋で料理をプチュリ。


ゴルフ場でプチュリ。

で、

デジイチと比べて使用感はどうよ?

◎ 特にマクロが良く写る。
◎ とても軽い。D40(標準ズーム付で600g)と比べても半分以下の重さ。
◎ 少々歪むが24mmは面白い。狭い室内で集合写真を撮る時にも広角が役に立った。
◎ 光の状態が良く、正しく設定をすればデジイチに近い画がでる(こともある)。
◎ 1:1、モノクロ、ISO800、?1補正の設定にはまった。ノスタルジックな画が出て面白い。
◎ ニコン色に飽きたせいもあるが、GX100の渋い色は悪くない。特に緑はガチャピンぽくなくてよい。
◎ 起動時間もD40ほど早くは無いが、鞄から出して撮るまでの比較であればGX100の方が早いかも。
◎ さすがはコンデジ、動画が撮れる。ゴルフの練習場でフォームチェックに使えそうだ。
△ 液晶ビューファインダーは面白いギミックだが少し見づらい。晴天時に背面液晶が見づらい時は◎。
△ デジイチと比べて威圧感が無い。街角の人民を警戒させずに撮れた。反面ハッタリが効かない。
X CCDが小さいので背景をぼかしたいポートレートなどでは使いにくい。
X 高感度時と長秒露出ではノイズが目立つ。夜景撮影や暗い室内光を生かした画は苦手か。
X RAW撮影時の記録時間が長すぎ。5秒以上かかることもあった。ファイルサイズが大きすぎる。
X 兄弟機で短焦点のGRDと比較して各部の作りが安っぽい。名称がCAPLIOなのもうなづける。
X 自動露出や自動ホワイトバランスが転びやすく感じた。細かな露出補正、太陽光固定で対処。
X レンズキャップを取り忘れることが多い。慣れの問題か。
X 電池の持ちが悪い。フル充電で150枚。500枚以上撮れるD40が良すぎるのかも。
X AFの音がショボイ。昔のコンデジを思い出した。高級機とは思えない音だ。




冒頭にも書いたが、俺様はコンデジが嫌いだ。

アンチなのでが厳しくジャッジしたつもりだが結果は、

◎が8、△が2、Xが8。

特にボディが小さいことによるメリットは思いの他多く、

外に出る時に持って行こうという気にさせる。

飛行機の中やレストランのカウンター席、ゴルフカートの中など、

いままでカメラの置き場所に苦慮していた場面では恩恵を感じた。

よって、判定は、



これってありかも。



コンデジにも使い道があることが解り、その存在を認めてしまった。

ただし、

もし一台もカメラを持っていなければ迷わずデジイチを買うだろう。

あくまでも用途を選んだ上でサブカメラとしての、「あり」だ。

最近のコンデジ恐るべしである。



悩みは、

お散歩カメラの先輩D40との住み分けと、



中国語の取り説。



ランニング入門 2007/07/16

マルコポーロに東洋のベニスと称された美しき水郷、

蘇州



張り巡らされた運河と文化遺産に囲まれた街。

その中でもこれまで何度となく足を運んできた場所がある。



山塘街だ。
初代ストリートファイター2のチュンリー面のイメージそのもの

ここで昔ながらの生活を送る住民の素顔を撮影したい。

しかし、

何度行っても良い画が撮れない。

カメラを持って歩いているだけでジロジロ見られる。

自然な表情を撮るどころか、とても撮影できる空気ではない。



「なんだ、おめ??」



原点に戻り、ナショジオの虎の巻を読みかえしてみた。
アメリカのナショナルジオグラフィックスが出版している撮影の教科書

「異文化を自然に撮る為には、その場に溶け込む必要が、、。」

これだ!



さっそく街をじっくり観察してみた。



観察すること1時間。

 

 

 



そうです。

ポイントは、

ラ・ン・ニ・ン・グ。





6元のランニング(サイズはXL)をゲット。

ジャーン!







我が人生、初ランニング。


さっそく撮影開始。



効果バツグン!!

場の空気に完全に溶け込んだようで、

誰も エイリアン 擬態した俺様に気づかない。

被写体達は全く警戒しなくなったばかりか、

中には住民だと勘違いして話しかけてくるランニンガーも現れた。



さらに、

驚くべきことに、

有料エリアへの出入りが無料!!
中の住民意外は45元の入場券が必要

外人はもちろん、ハイカラな人民もゲートで停められてるのに、

俺様はノーマーク。

つまり、

完全に原住民扱い。



こうして昨日は原住民と化して半日を山塘街で過ごした。

撮影は大成功だった。

近日中にギャラリー「山塘街」を公開したい。



最後にはなんと、

ラン友までゲット!


ランニングについて熱く語り合ったランニンガー同志。

すっかりランニングのファンになってしまった。

郷に入っては郷に従え。

中国の夏はランニングで決まりだ。






おまけ

 オンナコドモ ご婦人やお子様は?





で勝負だ!



文化度を測る角度 2007/07/10

私の父上は毛○東が死んで間もない`79年から何度も中国を訪問。

私は幼年期から中国の写真を見せられ、中国の話を聞いて育った。



チャイナウォッチャーだった父上のネタ。

時は改革解放直後の79年、

レストランでサービス員に「小姐」と声をかけたところ、

「同志と呼ぶアルよ!」と怒られた。



こんなネタを沢山持つ父上、

天○門事件を境に訪中をやめていたが先月久しぶりの訪中。



父上 「中国も変わったな?」

俺様 「高層ビル増えたしね。」

父上 「そうじゃない。」

俺様 「...?」

父上 「角度だ。」

俺様 「....?」

父上 「ほら、女性が足を閉じて座ってるだろ。」

俺様 「.....。」



父上は女性の開脚角度でその国の文化レベルがわかるらしい。

改革解放後、はたして文化度は本当に上がったのだろうか。



父上が帰国した後、

外地から多くの労働者がやってくる場所、

鉄道の駅に行って検証してみた。

そこには、

信じられない光景が!














オーマイガー!



画像を考察してみよう。

見たところ被験者の開脚角度は約45度。

角度は申し分ない。

しかし、

スカートだが、(ぐ)が見えないように気を使っている。

また、

汚れないようにコンビニ袋を使い衛生面もぬかりないようだ。

これは判定が難しい。



早速このデータを父上に転送し、文化度を算出してもらうつもりだ。



革命性的産品 2007/07/03

世界一の人口を誇る中国では、

形の無いサービスやソフトにお金を払うという感覚が薄い。

日本では数百万円もする3DCADソフトでさえ、

10元で手に入る。

二枚組みの場合は20元。つまりCD1枚10元。会員制で一枚4元の店もある。国際的なイベントがある時は「厳打」という風俗の取締強化が行われるが、規制をしているという事実の外国へのパフォーマンスであり、一過性のもので本当に取り締まる気は無い。もし完全にコピーソフトや海賊ソフトを排除したら暴動が起こるかもしれない。

人民達は口をそろえて言う、

「中国人は金がないから仕方ないアルよ」



闇のゲーム屋でとんでもない物を見つけた。



その名も

「R4」

任天堂DSのソフトのようだ。

DS革命性的産品とある。

何が革命なのか、とりあえず起動してみる。



パックマンもどきをクリックして驚いた。

なんと、一枚のカードに入っているゲームの数、



23個。

気になるその価格は、

破格の400元。

店に来れば無料で何度でも最新のゲームを入れてくれるという。



1GBのマイクロSDを内臓。ご丁寧にUSBアダプターとバックアップCD、ストラップまでも同梱。ホームページから最新のゲームを何度でもダウンロードできる。



こんな物が 税関 子供に見つかったら大変だ。

すご?くほしいけど、

がまん。



CAUTION
ここでご紹介した商品「R4」は、著作権を侵害する非合法な悪徳商品であり、良い子達がお小遣いを貯めて苦労して手に入れることの喜びを学ぶ機会を奪い、誕生日やクリスマスの笑顔を奪ってしまう可能性のある大変危険な劇薬的商品です。入手方法のお問合わせや「一個だけでいいから買ってきてよ」などというご要望にはお応えしかねますのであしからず。



俺様の蝋人形 2007/06/25

上海の蝋人形館で有名人の蝋人形を見ていて思った。

俺様も自分の蝋人形を見てみたい。

さっそく頼んでみた。

あっさりOK。

価格交渉した後、写真を数枚撮られた。

数週間後、



電話が入った。

「蝋人形、できたアルよ。」



これが、

俺様の蝋人形だ!













ぜんぜん似てないし!



俺様、こんなにデブってますか?



哀愁の漂う後姿。






それにしても、

作ってはみたけど気味が悪い。

誰か俺様の蝋人形ほしい人いますか?

原価の300元でお譲りします。



ガラスの置物(100元)もあるアルよ。




ねむい画のすすめ 2007/06/19

コントラストが高くダイナミックレンジをフルに使った画が良い写真と評価される傾向がある。


最新の一眼デジカメであっても照度の高い部分が白トビしやすい為、意図的に超アンダーで撮影し、現像処理時に露出補正、レベル補正を行い、さらにトーンカーブで整えるという処理を行って仕上げてきた。

色は自分としては少し薄いくらいの自然な色合いが好みだが、彩度をあげて派手目に仕上げた方が周りの評判が良いので色決め時はいつもジレンマに陥る。

最近気づいたことが2つある。

ひとつ目は、

レベル補正で黒を引き締め、トーンカーブでさらにコントラストを強めるレタッチをかけると元々高かった彩度がさらに高く見えること。

ふたつ目は、

撮影時の設定よりもさらにコントラストを抑えた現像処理を行い、彩度を少しだけあげることにより、情報量が豊富で独自の風合いを持った画に仕上がり、余裕のある滑らかな階調からは優しさを持った不思議な空気感が出ること。



ギャラリーには、レタッチという名の画像破壊をしてしまった過去の写真も載せてある。

古い写真は廃棄して改めてレタッチしなおしたいと思うこともあるが、それはしない。

フォトローグはど素人が写真を始めて上達していく過程を公開している成長記録のようなもの。

時々古い写真を見て自分の成長と感性の変化を感じ取るのも面白い。

その時に見ていた物、感じたことをその時の感性と技術で表現したのだから。

当面、流行を無視したレタッチを意識していこうと思う。

外野たちは眠い画だとか、ガチャピンみたいなグリーンだとか、アニメっぽいとか言うが、

関係ない。

いつか解ってもらえることを祈って、

眠い画を追求してみようと思う。

究極のアマチュアにしかできないこと。

それは、

表現の自由、自由な表現。



醜いアヒルの子 2007/06/07

1年以内に80台に乗せます。

ちなみに、

ボーリングではない。

任天堂の初代ファミコン、

そしてプレステのみんゴルでも20アンダーという記録を持っている。

ゴルフ。

何年やっても100が切れない。
(年間3,4回のペースで10年以上のキャリア。)

たくさんの人に相当な金額を貯金してきたし、これからも続きそうだ。



一年前になるが、

弩スライスの球を隣のコースに打ち込んでしまい、

他人が打った打球を頭部に受けて危うく死ぬところだった。

加えて、

去年、ショートコースだが、ゴルフを始めたばかりの女房にも負けた。

40歳を目前に、仕事で誘われることも増えてきたし、

接待ゴルフでも自分のことが精一杯で気配りの余裕が無い、、、、。



前フリが長くなった。

突然ですが宣言します。

「1年以内に80台に乗せます。」



これまでご一緒していただいた皆さん。

1mパットでもOKをくれてありがとう。

たくさんの慰めの言葉をありがとう。

しかし、

これまでの私は仮の姿です。



本気になった俺様の凄さを皆に見せてやる。

決めたら即行動。

仲間が千葉でゴルフスクールを始めたのでお祝いを兼ねて見学。


完全会員制。人数に制限があり今年はもう受け付けていないほどの人気。



有名な某ツアープロから直々の指導を受けさせていただいた。



最新の解析装置、その名もモーションアナライザー。

秒間10コマの高速撮影でフォームを記録。

それぞれのコマを見ながらプロにご指摘をいただいた。



プロ曰く、

「成長する為の伸びシロが沢山あるのでこれからが楽しみ」

さすがは指導者だ。物は言い様とはこのこと。

言い方を変えれば、

「良いとこ全く無し。」



ツアープロ直伝の練習の方法を教わったし、

白鳥を目指してガンバルゾ!



それにしても知らなかった。



俺様のフォーム、



かなりカッコ悪いし。



有名人を撮る! 2007/05/29

国際都市上海。

国際会議やワールドクラスのイベントも増えてきた。

世界中から有名人が集まってくるようになった。





ところで、

写真が少し解ってくると欲が出てくる。

誰もが知っている有名人をモデルに撮影してみたい。

どうしよう。



俺様が考え抜いて向かった先は、



人民広場近くにある蝋人形の館。

中に入ると所狭しと憧れの被写体蝋人形が置かれている。





さっそく蝋人形のフリしてみた。



笑いを堪えて物になりきること数分間。

見学中の人民に写真を撮られた。

人民A 「これ誰アルか?」

人民B 「なんかの映画で見たことあるアルよ。」

俺様の思う壺である。





それにしても、本当に良く出来てる。



製作者の職人魂、鋭い観察力は驚嘆に値する。

細かいディテールまで正確に再現されている。



見事だ。



持久力50%アップ 2007/05/27

中国人の友人、周さんである。


貧しい農村出身ながら裸一貫で起業、現在は200人の社員を使う有能な経営者。フランクでまじめな人柄で私が尊敬する数少ない中国人の一人。

生粋の漢民族だが最近オーストラリアに移民が決定。

1ヶ月ほど前、仕事中に突然彼から電話が来た。



周   「今日からマイクと呼ぶアルよ」

俺様  「へ?。かっこいいね。」

マイク 「ローヤルゼリー始めたアルよ」

マイク 「持久力が50%アップしたアルよ!」

マイク 「11分だったのが今は17分アル!」

 ・

どれだけ凄いか詳しい説明が10分ほど。

 ・
 ・
 ・

俺様 「......すごいね。うらやましい。」



日本出張直前、先週の水曜日、

マイクの社員、突然現れてブツを置いて帰っていった。



ローヤルゼリー。



365粒?

一年分かよ。



彼は損得なんて全く考えてない。

友人に喜んでもらいたいという純粋な気持ち。



裏切れない。

ということで、

まじめに毎日飲んでます。

こつこつと続けるのが大嫌いなのに!



出張用に印籠でも買わなくちゃ。



ティッシュ、なかなか取れないし。



マイク、ありがとう。



それにしても

無駄につくであろう持久力、どうしよう。



« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »


Page Top