MENU

カメラを返せ! 2008/04/24

10年間日本と中国を往復していてこんなことは初めてだ。

日本から上海浦東空港に降り立ち、

空いてる中国人の列に並んでイミグレを抜け、

ターンテーブルで荷物をゲットして、

、、、とここまではいつもの通りだったのだが、

なんと、

税関でカメラ一式を取り上げられた。




税関「カメラマンアルか?」

俺様「いいえ。趣味でやんす。」

税関「趣味でプロ機材なんておかしいアル。」
(思想統一されているので自分の感覚が世界標準だと思っている)

俺様「日本人のカメラ好きなら普通でやんす。」

税関「全部でいくらアルか?」

俺様「日本円で60万円くらいでやんす」
(D300とサンニッパを含むレンズ6本。)

税関「じゃ、税金を6000元払うアル。」



「プチュリッ」

頭の中で昆虫が潰れるような音が聞こえた。







意味の無い議論が一時間を超えたころ、

ヘッドギアを被った猿の相手に飽きてきた。

取り上げられた証明書を受け取り、社員に任せることにした。






教訓。

カメラマン、フォトグラファーの皆さんへ。

機材を中国に持ち込む場合、目立たないように気を配りましょう。



ジュエリー、時計好きのブルジョアの皆さんへ。

高額なモノは安全な国で大切に保管しましょう。



10日たった今もカメラ機材は戻ってこない。

ティベット問題、C○N問題が背景に有るのかもしれない。

言論が不自由な国に住む私は、これ以上なにも書けない。



そういえば、



あの子、

元気にしてるかな。



ミスターサンデー 2008/03/14

タイから上海に戻って以来、

どうも仕事がリズムに乗らない。

それは、

この巨顔のせいだ!



オパー。



このお方、

ものすごい。

産まれてから50数年間、

仕事をしたことが無い。



にも関わらず、

アメリカ国籍を持ち、



タイに豪邸を建立(こんりゅう)中で、

アメリカとタイに複数のレストランを所有。

レストランの仕事してるんじゃないかって?

違う。




タイの日本料理シカゴハウスにある富士山の下でビートルズを熱唱する外科医とミスターサンデーとカナダ人宝石商の図

毎日変人達友人達を集めて歌って踊ってるだけ。



元々ストレスの無い状態だから、

テンションもモチベーションも無駄に上がりっ放し。

明るい人柄だから友人の数も半端じゃない。

彼の口癖

「 エブリデー イズ サンデー 」



しかし、

ミスターサンデーならではの悩みがあるらしい。



彼は言う、

一昨日はサンデー。

昨日もサンデー。

今日もサンデー。     

明日もサンデー。

明後日もサンデー。

明々後日もサンデー。

ず〜っとサンデー。



そうなのです。

ウイークエンドが永遠にこない。

よって、

夜遅くなると日曜の夜特有の憂鬱が彼を襲うらしく、

素晴らしいネタやオカズを前にしてもピクリとも反応しないらしい。

特にパイプラインを切断させられて以来、

状況は悪化の一途を辿っているようだ。



オパー殿、

状況は良くわかりました。

これを処方します。

癒し系抱き枕です。

日本の技術と中国文化のコラボから産まれたモノです。

中国性保険協会が推奨する商品ですので安心して使えます。

騙されたと思って必ず毎日使ってください。

きっとミスターサタデーになれます。





What a sexy !!






久しぶりに男が惚れ込むタイプの男に会った。彼の言う仕事をしてないという意味は、作業をしていないという意味に取れた。周囲を明るくし、仲間を増やしていく様子は経営者として重要な役割である価値の創造であり、立派な仕事だと思う。皆さん、仕事してますか?仕事だと思ってること、実は作業じゃありませんか?



客家のアドン 2008/02/23



アドン。

怪獣のような名前だが、人間である。

今から年前、初めて深センに来た時、

空港付近で知り合った白タクのドライバーだ。



中国で最も治安が悪い広東省、

頼れる友人が一人もいない状態でのスタートだった。

彼と共に広東省を走り回った。

中国語が下手だった当事、

私の代わりに飛び込み営業の先発隊をさせたこともあった。

一緒に酒も飲んだ。

航空券を買う金がなくなり、借りたこともあった。

空港で警察の車に挟まれ、

別々のパトカーに乗せられて尋問されたこともあった。
深センは流しのタクシーが少なく、ドライバーの質も悪い。非合法だが総じて白タクの方が安全で快適。事前に打ち合わせをしていなかったにもかかわらず、パトカーの中で1時間以上も警察の尋問を受けても「友人である」という主張を堅持したことで彼は私に絶大の信用を寄せてくれているようだ。もし捕まっていたら投獄され、出獄後も生涯免許を取れなくなるところだったようだ。

代わりに行かせた中国人社員の不正を報告してくれたこともあった。
金額がいつもより高いので電話したところ、領収書を多めに渡すように指示されたと教えてくれた。


年間お互いに積み上げてきた歴史と信用。

彼がいたから安心して広東省に来る事ができた。


この男、客家である。漢民族であるが、食事や言葉なども異なる独自の文化を持っているらしい。歴史に名を残す有名人の多くが名を連ねるプライド高き集団だ。アドンは8年間一度も時間に遅れたり道に迷ったことがない。客家に対する印象は彼によって美化された。背景は客家の老房子。




深センに事務所を借りた。

社員を雇い、教育も済ませた。

アドン、ずいぶん待たせたな。

これからもよろしく頼みます。



冬の侍 2008/02/12



その名も刀。





鎧を身につけ、





兜をかぶり、





樹氷原を、








切りまくった。



スノーボードを始めて20年、


MOSS製 KATANA60
究極のカービングボード。サーモワックス、ありきスペシャルを施した。



F2製 S?FLEXプレート
バックサイドのプレッシャー不足を補い、素早い切り返しができるようになり、グリップ感も増した。



奈良スポーツ製 ハイパーホールドストラップ
膝に近い部分にビンディングを追加することで少ない入力で反応するようになった。


道具がいくら進化しても、





相変わらずバックサイドのビッテリーターンが苦手。

12年のブランクは長すぎた。



ゆ?きやこんこん、、、人民よ?ろこび、、、 2008/02/07

中国で大雪が降った。



それはそれは大した量で、



喜んだ人民達は、



写真を、



撮る。



撮る。



撮る。



撮る。



撮る。



撮りまくる。



一方、

交通は大混乱で、



一般道は麻痺し、



高速は数日間閉鎖され、



開通後も自慢の4車線は2車線となり、



アホが続出してさらに渋滞が悪化した。



ところで、



雪の上でしたことありますか?



東京名物「汚い雪だるま」がそこらじゅうに出現。



お洒落は足元から。



雪道の歩き方、知ってますか?



それにしても、

観測史上最大級の大雪だって言うのに、

人民日報の記事によると、大雪による死者は60人。



ギャグですか?

を付け忘れたのでは?



毒を盛ったのは誰だ! 2008/02/04

春節(旧正月)の大型連休を前に、

上海法人の社員数名が出勤してこなくなった。

休暇を許可した覚えはない。

部下に聞くと、

日から労働法が変わり、外地人(上海戸籍以外の人)には、

帰省の休暇と費用を会社が負担しなくてはならなくなったという。

さらに、

契約期間が満期を迎えた後、会社が更新しない場合、

3か月分の給与を支払う必要があるという。

中国に限らず稼がないやつほど権利の主張だけはしっかりしている。主張の少ない社員が損をしないようにボーナス評価で差をつけなくちゃ。公平な分配は経営者の永遠のテーマだが「政府は優しいのよ、悪いのは経営者」という論法にはまっている様な気もする。

仲間の中国人経営者に電話で確認してみると、

「対策してなかったアルか?」

「12月中に面倒な社員と故郷が遠い社員は処分したアルよ。」



昨年末、この法律が起因して

中国全土で物凄いリストラが行われた。

この度の労働法改正、盲流と呼ばれる都市への農民流入を規制することと、不要になった外資系企業を追い出すことが目的と思われる。韓国政府が中国政府に対し異例の批判コメントを出すほどで、企業運営、特に外資系製造業に与える影響は大きい。さらに内陸に入るか、ベトナムなど別の国に移すか、選択を迫られる。



わが社では辞表を出した社員のパソコンはすぐに取り上げる。

発つ人民、跡を残すから。

不正業務による不良在庫、赤字販売、データの持ち出しに始まり、

業務データの削除など、、、

これまで社員が退社するときに何度も煮え湯を飲んだ。

どんなに対策を練ってもイタチゴッコ。

悪意を持った人民をコントロールするのは無理だ。



毒入り餃子。

解雇勧告を受けた労働者達の仕業。



ただし、

中国政府は、

国ぐるみでこの事実を隠蔽する。

よって、

実際の理由はすりかえられて報道されるだろう。



アパレルを扱う友人が震え上がっている。

縫い子が針一本でも忍ばせたらおしまいだという。

これから、金属探知機の商売、儲かるかも。



最後に一言。

日本人!

餃子くらい自分で作れ!



このコラムは「ネタ」であり、中国毒入り餃子事件とは一切関係がありません。



謹賀新年 2008/01/01

新年明けましておめでとうございます。



上海駐在最後の年。

残された時間を有効に使って、

生活者の目で中国を撮る。

ゴルフは90を切る。



仕事も遊びもがんばるぞ!



リンゴ帝国の逆襲 ?そして世界中が? 2007/11/28

27年前、パソコンがマイコンと呼ばれていた時代。

初めて手にしたコンピュータ

NEC PC8001mk

ソフトは磁気テープから数分、長い物では30分もかけてロード。

表示色はたったの色。

シンプルなゲーム達は少年の想像力を鍛えてくれた。



必死に覚えたBASIC。

マイコン雑誌を買いまくり、天才達の作品をインプット。

一文字ずつ、ゆっくりと。

入力ミス。

無情に出てくるエラー表示には何度も泣かされた。



このコンピュータ、

起動すると、画面中央に有るリンゴを虫が出てきて食べつくす。

アップル社のマッキントッシュに対抗心を持っていた技術者の洒落。



コンピュータ=NEC だと思っていた。

アップルというブランドは憧れにも近い特別な存在となった。



日本勢が自社製OSの開発を諦め、

世の中がWINDOWS一色に染まる中、

独自の世界を作り続けてきたアップル社。






上海のマックショップでアイフォンをゲット。



5200元。ロック解除済み、中国語&日本語が入力できるように改造してもらった。

超 便利。



初めて触れる憧れのアップルワールド。

エクセレント!



シャープのザウルス、カシオのカシオペア、、、様々なPDAに挑戦し、

挫折してきた。

iphoneは単なる携帯電話やPDAではない。

人間のコミニケーションを活性化させる新しいジャンルのアイテムだ。

現在考えられる通信手段、携帯電話の音声通話、SMS、電子メール、などが直感的にレスポンス良く使えるので触っていると自然と誰かに連絡を取りたくなってくる。

だから

iPhoneを使うと友達が増える。



マック教信者がここにひとり産まれた。

レノボに代わって品質ガタ落ちのシンクパッド。

別れを告げる日も近い気がする。

もう二度と、WINDOWSに戻らないかもしれない。



携帯もパソコンも世界中がりんご化していく気がする。

アップル社の株、買っておこうかな。



人種差別 2007/10/03

22年前の夏、叔父を頼ってサンフランシスコに一ヶ月間滞在した。

プールでのこと、

気がつくと泳いでいるのは私ひとり。

私がプールから出ると皆が一斉にプールに入る。

初めて体験した人種差別。

16歳の私の心は深く傷ついた。



先週、中国の要人で5年来友好を深めてきた方が来日した。

仙台郊外の高級温泉旅館にご一緒した時のこと。



おとこ二人、湯船に浸かって温泉を満喫し、楽しく会話をしていた。

ふと後ろに有る湯船を見て驚いた。

幅3メートルほどの小さい湯船に7、8人が窮屈そうに入っている。

我々二人は10メートルはある大きな湯船にたった二人。



22年前のトラウマが蘇った。

中国語で話す我々とは同じ湯に浸かりたくないのだろう。

私は日本人としてではなく、

中国人として腹が立った。

アメリカのWASPよりもひどい。

同じアジアの黄色人種でありながら。



私はマナーの無い人間や非常識な人であれば、

日本人だろうが中国人だろうが見下すことは有る。

しかし、

パーソナリティーを知らない人を何人だからといって差別はしない。

大切なのは出身地や人種ではなく、「個」だと思っている。



日本人は中国では小日本とバカにされる。

この日は私も彼らが小日本だと思った。

本当にケツの穴が小さいやつらだ。

マスコミに踊らされるマリオネットめ、恥を知れ!



その後、

ご一緒した中国人の方が気づかないように、

食事の時間が近いこと口実に早々と湯船をでたのは言うまでもない。



二年目突入 2007/09/17

今日から二年目に突入フォトローグ。

一年間のヒット数、






318万ヒット!



飽きずに見に来てくださった皆さん、

ホームページ運営にご協力していただいた皆さん、

撮影に付き合ってくれた友達と家族の皆さん、

本当にありがとうございました。






ところで、

9年前の98年に人民日報に載せてもらった記事をネットで見つけた。

人民日報の記事

中国を知るために一ヶ月間かけて北京、上海、はもちろん、

四川省、遼寧省、ウイグル、湖北省、山東省を周った旅の記事だ。



最近さぼり気味だったフォトローグ、

9年前の初心に帰り、

日本で紹介されていない美しい中国表現していきたい。



ようやく涼しくなって撮影シーズン到来。

お楽しみに。





今日のオチ

去年の俺様と、





幼少の俺様。



30年間、キャラ変わってない。



« 1 2 (3) 4 5 6 ... 10 »


Page Top