MENU

ロシア国境の街、満洲里 2008/11/02

古くはチンギスハーンが兵を起こした場所として知られる満洲里。



哈尔滨(ハルビン)から寝台列車に乗り14時間。



ロシアと中国、



そしてモンゴルにも近い国境の街だ。



中国側の国境は最近作り直したらしい。



鉄道専用の国境から見るロシア。



さすがロシア国境に近いだけあって、



街中がロシアンチックだ。



どこかアレに似ている。



張りぼてとうわさされる大連空港の周辺。






QQかな?



無駄にロマンチックだし。



ロシア語だらけだ。



ロシアの車だ。



この街、木材や天然ガスなどの密輸入で財を成したらしい。





そしてこの街は、

満州国とロシアの国境でもあったようだ。



郊外に足を運び、



農民達に話を聞いてみると、

過去に日本人が作った遺跡があちこちにあることがわかった。

おおまかな場所を聞いて、車で移動開始。

途中からは道が無くなり、

トレッキングすること1時間。



山の頂上に向かって堀のようなものが見えてきた。

これ、

どこかで見たことがある。

思い出した。

先日行った旅順で見たモノだ。







ロシア軍が203高地に作った塹壕。



山の頂上にはいくつもの砲台跡。

つまりこれは、

日本軍が作った要塞跡。



地元の年老いた農民達しか知らない日本人の軌跡。

私は戦後、ここを訪れた最初の日本人かもしれない。



君が代が頭をよぎった。





合掌。



虎虎虎 2008/10/28

ハルビン郊外にある虎動物園に行った。



動物愛護委員会がクレームを出した事、

客が虎に食われてしまった事でも有名な動物園だ。




檻付きの車に乗って、



目の前で虎を見ることができる。



そこらじゅう虎だらけだ。



まだやってるようだ。




おや?



虎達がざわめきだしたぞ!

ま、

まさか、

そんな、、、








なんと、、、、








人民が生け贄を投入したようだ。



牛まであるし。

彼らの感覚の違いには驚かされる。

さらに、

政府の要人向けに設定されているのだろう、

特別オプションもあるようだ。










迷彩色、

無駄だと思う。



本場の餃子 2008/10/19

中国では餃子といえば水餃子。

そして、ここハルビンは餃子の本場。



頼んだのは二品。

三鮮水餃。



水餃子といってもスープ餃子とは違う。

コシのある皮に包まれた豚肉と海老と白菜を茹で上げただけ。

とてもシンプルな料理なのだ。



辛子ダレ、ラー油、にんにく、しょうゆ、酢をお好みで調合。



これ、

絶品。

餃子としては100点。


二品目は、

白菜豚肉煎餃。



揚げ餃子だ。

これもうまかったけど三鮮水餃の方が素直で飽きの来ないうまさ。



完食。

二品で12元。(190円くらい)



有名なチェーン店(中国語では連鎖店)らしい。

外に出てみると、



雇ったタクシードライバーがラーメンを食っていた。

あまりにもおいしそうだったので、



注文して、



食べた。



上海のコシの無いノビノビ麺と違って歯で感じる旨さがあった。

東北地方の小麦が良いのか、練り上げ方が良いのか?

今日食べた練り物料理は両方とも合格。



同志!旨いか?



中国にも東北地方があるの知ってる? 2008/10/18

人民 「出身地はどこアルか?」

俺様 「東北です。」

人民 「でも発音が東北らしくないアルよ」

俺様 「日本の東北です。」

人民 「Oh my god! 日本にも東北あるアルか?」



何度もネタとして繰り返してきた会話だ。



気候が比較的に似ているらしく、

我が故郷仙台には中国東北地方出身の中国人が多い。

また、満州の話を聞いて育ったこともあり、

一度は来てみたかったハルビン。

念願かなってようやく足を踏み入れることができた。








ロシア人が街の基礎を作っただけのことはある。



とてもエキゾチックな街並みだ。



実は日本人が作った建物もたくさんあるらしい。



この石畳も日本人の手によるもので、

ブロックに見えるが実際は深さ1メートルの長細い石。



街中あちこちにあるロシアングッズ屋。

「ビンラディンの中はフセインとか?」

「買えばわかるアルよ。」



ロシアンな気分になったので、

夕食はロシア料理。



地元でも有名なレストランは元国営。

薄暗いロマンチックな店内が食欲をそそる。



サービスも伝統を守って笑顔禁止だ。



前菜に紅キャビアと称する食べ物を頼んでみた。



いくらだし。



最近オーナーが変わったらしく、食べやすい中華風の味付けだ。



お薦めロシアンドリンク。味は「純露の黄色い方の味。」

少々甘いが、いがいとおいちい。







相当数のロシア人が住んでいるはずなのに、

不思議とロシア人客がいなかったのが気になるが、

ロシア風創作中華料理と割り切れば、

おいしくスピーディーで良いレストランだった。



食後は散歩しながら恒例の人民インタビュー。

どうやら、

ほかの中国の街と違うのは街並みだけではないようだ。



黒社会(や○ザ)が多いから気をつけるようにタクシーの運ちゃんやホテルのボーイに脅かされた。たしかにそれらしい店や人が多いようにも感じた。法○功(反政府組織)の比率も高いらしく、日系企業が投資を避けてきた理由は寒さだけではなかったのかもしれない。



我が高性能空気センサーもしきりに警告を発してくる。

友達も居ないアウェイでの一人旅。

気をつけなきゃ。



おまけ。

日本人男性を萎えさせる事で有名な

ハルビン名物、






「モモヒキ」。



リハビリ 2008/09/22

10年近くも日本を離れていたので、

芸能界がさっぱりわからん。

ということで、

失われた10年を取り戻すべく、

芸能人、それも大御所達にあってきた。


妖怪?10年たってもまったく年をとらない。




なぜか芸能人はハゲが少ない。10年たってもふさふさだ。



なんちゃってというなかれ、

彼らの芸は本物。

さすが東京、六本木だ。



ほんとうに楽しかった。

細貝さん、

リハビリに付合ってくれてありがとう!



喜び組をいじってみた。 2008/09/03

大連に有る北朝鮮直営のレストランに行った。

給仕するのは朝鮮民族衣装を纏った「喜び組」



彼女達は国家から選ばれた後、中国語のトレーニングを受けてから派遣されるらしい。一年間ビザの期限内で中国で働き、一ヶ月の収入は1000元(約16000円)。自由は無く、店が終わるとワゴン車で寮に直行するという生活。部屋は8人部屋でテレビもパソコンもないので、店の客を除いて外界とは一切接触する事ができない。



キムチジョンイルのアンドロイドめ、いざ勝負!

未来人vsアンドロイド



「あなた達本当に朝鮮人?」

「朝鮮人でジョンイル。」

「ジョンイル好き?」

「当たり前の事聞くなイル!」

「朝鮮人は幸せなの?」

「世界で一番幸せな国イル!」

このやろう、日本人を拉致しやがって、何が世界一だ!

洗脳を解いてやる!、、、と思い、

自慢のiPhoneを取り出して写真を見せてみた。



海水浴場や東京の夜景、銀座の飲屋街、野球のナイター観戦、

カーレース、そして渋滞する首都高など、

北朝鮮には無いと思われる画の数々。

若さ故の好奇心から仕事も忘れてiPhoneを食い入るように見続ける。

「これは何?」

「これは?」

「これ何してるの?」

「ここはどこ?」

質問するつもりが質問攻めにあってしまった。

当然だと思う。

彼女達が見たのは見た事も想像した事も無い未来の世界。

皆でiPhoneを奪い合い、キラキラした目で見入っていた。



作り笑顔が気持ち悪いサイボーグみたいな奴らと想像していた。

徹底的にいじってジョンイルワールドを展開してもらい、

説教のひとつでもしてやろうと思っていた。

だから、あまりにも普通で拍子抜けした。



将軍様が作った喜び組の素顔は、

明るく人懐っこい素直な娘たちだった!



日本の若人には悪いが、彼女達の方がよっぽど純粋で清楚に思えた。自分が生まれる前の日本人女性はこうだったのかな?なんて思ったりもした。

彼女達のヘッドギアは中国人民よりも簡単に外せるかもしれないが、

ハニートラップには気をつけなきゃ。



加油老百姓 2008/08/26

昨日の朝は雷の音で目が覚めた。

いつもより渋滞しそうなので早めに出勤。



思ったよりひどい。



皆立ち往生だ。



なんとか行けそう?



ほんとに行けるかな?



止まっちゃった。



すると、

どこからともなくおじさんが現れて、

「水の無いところまで100元でどうアルか?」

膝上まで水が来ているので車内への冠水も時間の問題。

パンツ一枚のおじさんに1km以上も押してもらい、

200元渡した。



見直したのは中国人民の優しさ。



外れかかったナンバープレートを見た通行人の多くが、

「ナンバーとれそうアルよ」

と声をかけてくれる。

平常時はもとより非常時に自分が同じ事ができるか自信が無い。

弱者への優しさや非常時の団結力は中国人民の方が優れている。



それにしてもこの水害は異常だ。



落雷の影響なのか信号も動かず警官も不在。

都市機能は完全に崩壊。

あちこちで喧嘩が起こって不穏な空気だった。

ビルのライトアップや金メダルなど、

目に見えるモノからお金をかけるので、

目立たない都市の排水などは後回し。

「自然現象はどうしようもない」

という中国の伝統的な価値観を逆手に取っての責任転嫁。



備えあれば憂い無し。

中国で起こる自然災害による犠牲はもっと少なくできるはず。

日本であれば人災といわれる天災が起こっても、

ここでは誰も何も言わない。

義務を全うしながら権利を要求できない中国の納税者。

まるで繋がれて乳を搾られている牛のようだ。



加油老百姓!!

中国語で加油(ジャーヨウ)とはがんばれ、老百姓とは一般市民のこと。



【速報】90切り成功!! 2008/08/24

覚えてますか?

私がゴルフで一年以内に80台に乗せると宣言したこと。

醜いアヒルの子

100もきっていないのに無謀だと誰もが言っていました。









そのとおりでした。



宣言後は練習を重ね、

3ヶ月後には100を切り、

5ヶ月後には91をマーク。
(バンコクのレイクウッドにて)



ところが、

今年に入ってからでした。

練習場での事。

ピシャ!!

という嫌な音とともに右前方45度の角度で球が飛んで行く。

短いクラブに持ち替えても、

ピシャ!!の連続。

なぜなのか、理由も原因もわからないまま何百球もピシャ!!。

日を改めて練習に行っても同じ。



ツアープロの横田英治さんに相談したところ、

「それはシャンクです。」

「正しいスイングを身につける為に超えなくてはならない壁です。」

とのこと。



それからがイバラの道でした。

この8ヶ月間、数千球はピシャ球を打ちました。

練習も苦痛でしかなく、

悪いイメージがどんどん蓄積されていきました。

コースに出ても二打目にアイアンを持てず、

たった100ヤードの距離でもウッドを短く持って打ちました。

江連忠さんのDVDを何度も見直し、

フォームをグリップから何度も何度も作り直しました。

それでもスコアは100前後を行ったり来たり。

何度もゴルフをやめたくなりました。



宣言した6月もあっけなく過ぎた7月、

有言無実では男が廃ると自分をあおり立て、

再び横田プロの元を訪ねてレッスンしていただきました。

横田プロのご指導と、

レッスンで使用した秘密兵器で練習を重ねたところ、
(EチューブとEアイアンという江連忠さん開発の練習グッズ)

今月に入ってからなんとかシャンク病を克服できました。



8月に入り、94点。

そして昨日は惜しくも92点。



そして今日、



48?41

89
(風が強く池とクリークばかりのコース、上海のSino BAYでパー5個、バーディー2個。)

宣言した1年以内は無理でしたがなんとか1年と2ヶ月で達成。



正直、

ほっとしました。

これからはビッグマウスには気をつけます。




練習に付合ってくれた、

上海のジョンソン様、トニー様、ロンロン様、M原様、

仙台のH尾様、たもちゃん様、


ゴロばかりのゴルフに付合わせて球探しをしてくれた、

東京のボギーことM井様、U山様、バンコクのレイモンド様、


レッスンしてくださった、

横田プロ、伊丹プロ、探偵ファイルのBOSS様、

山形のS井様、仙台のS俊春様、


そして

支えてくれた奥様、


みなさんのおかげで

口だけ男のレッテルを貼られずにすみました。

本当にありがとうございました。



目標も達成したのでしばらくは仕事とカメラに集中しようかな。



Fが繋ぐ絆 2008/08/21

お盆の送り火を焚く為、

家族を連れて久しぶりに父の家に行った。



孫にチェロを教える姿、良い画が撮れた。



ふと棚を見ると、

Nikon のロゴが目に飛び込んできた。

単焦点24mm。

フルサイズのD700を入手して以来、古い単焦点が気になっていた。

「昔、広角がほしくて買ったんだ。」

「使うなら持って行け。」

父とは久しぶりに仕事以外の話をした気がする。



過去に父が欲しいと思ったモノを、

現在自分が欲しいと思っている事。

一歩だけ、父に追いつけた気がして嬉しかった。



50年も頑なにマウント規格を変えないNikon

お盆の送り火、家族が集う機会を作ってくれたご先祖様。

父と自分を繋いでくれたことに感謝。



中学生になった息子にD100と35mmF2を譲り渡した。

歴史は繰り返すという言葉を信じて。



脱獄しよう!! 2008/07/18



左がiPhone、右がiPhone3G。

コストダウンしているのだろうか。3Gは画面が黄ばんでいる。





画面のサイズは3Gの方が少し大きい。せっかく上海で買ってきた低反射フィルムがツライチで使えない。





右の3Gはケースが金属ではなくプラスチックで安っぽい。





下が3G。

生産性の向上か、修理やメンテナンスの為かは不明だがビス止だ。



日本在住の皆さん、

こすってますか?iPhone。



使いにくいでしょう!

「iPhone」は「iPhone」であって、

「ケイタイ」ではありません。

クラウンとランチャデルタインテグラーレ、

連邦軍とジオン軍、

良い悪いは別として、

そのくらい違います。

よって、

頭の硬い人にはお勧めしません。



iPhoneは育てる道具です。

ところがこの3G、曲者であります。

ハッキング(ジェイルブレイク)に対してガードが固いので、

カスタマイズが難しいのであります。

あくまで自己責任となりますが、

ジェイルブレイク(脱獄)が成功すれば、

世界中のサードパーティ製のソフトが使えます。



ファミコン、スーファミ、スカイプ、メッセンジャーをはじめ無数のソフトが無料で使える。





電子辞書は苦労したけどとても便利。ネットで見つけた辞書の圧縮データを解凍して変換、FTPで直接iPhoneに書き込む。今は8種類の辞書が入っている。





たしかに電池の持ちが悪いが、面白いのでケイタイよりも使う頻度が多くなるので仕方ない。これは3回充電できるバッテリータイプのケース。




重いので長電話すると肩がこります。

純正のイヤホンマイクはとってもクール。



それにしても品質の悪化は深刻で、1週間たった今もシステムが不安定だ。

安定してからじっくりと脱獄に挑戦したい。



楽しいiPhone。

こすって、こすって、磨り減るまでこすりましょう。



« 1 (2) 3 4 5 ... 10 »


Page Top