MENU

レースカメラマン 2007/05/23

フォトローグ、1ヶ月以上の沈黙だった。

けっしてサボっていたわけではなく、

充電と修行の日々。

仕事の合間を縫ってはサーキットや交差点で撮影練習を繰り返した。

そしてついに、

5月11?13の三日間、

仙台のスポーツランドSUGOにて行われたルマンチャレンジにおいて

なんちゃってレースカメラマンとしてデビュー!



経験したら観客席からなんて見てられない。

その弩迫力、



ちびりそうになるほど。



目の前を爆音を立てて走り去るマシンをひたすら追い続ける。

朝から晩まで何時間も。

連続三日間。



周回の合間を利用して撮影スポットを移動。



サーキット内の移動はまるでワンダーフォーゲル。

不慣れと運動不足もあるが、かなりキツイ。



今回特別な計らいをしてくださったプロカメラマン、

ワイズさん



尊敬する我が師匠、1/60というありえないシャッタースピードでもかなりの精度で被写体を止める。世界トップレベルの技術を持つ動体撮影の職人。

彼が三日間に撮影したデータの合計はなんと、

70GB
一枚10MBとしても7000枚撮影したことになる。驚くべきは撮影品質の高さで7000枚のほどんど全てが使えるデータ。ちなみに私はがんばって21GB撮ったが使えるのは10%以下だった。

帰宅後のデータ処理も莫大な手間とコストが予想される。

さらに

日本全国に散らばるサーキットを自走で移動するという。

それもほぼ毎週。



結論。

レースカメラマン(職業車両競技撮影士)

かなり

重労働。



加えて、

デジタルになってカメラマンの仕事量は飛躍的に増えている。

フィルム時代は撮影後にフィルムの納品で完結していたが、

デジタル時代になってデータの現像処理とレタッチが必要になった。

専門技術と知識が必要であるのに加えて過酷な労働環境。

それに見合った対価が得られているとは思えない。

華やかなレースの世界とは対照的に、

出合ったレースカメラマン達は極めて質素だった。

好きじゃなければやってられない。

それでも続ける彼らのモチベーションの源は何か。

それは

レース撮影の面白さ。



男の狩猟本能を刺激される。

この仕事、言い換えれば

平和な時代のスナイパー。





マエハラ老師!



はまっちゃったじゃないか!



「来年はルマンに行くアルよ!」

Page Top