MENU

仏の子 2006/09/18

去年、ティベットのラサを訪問した時の事。

ラサ市内の大衆食堂で食事をしていると、視線を感じた。

箸を止めて外を見ると、店の外でじっと私を見ている少年がいた。

なんて穏やかで、しかし悲しく、愛情に飢えた表情なんだろう。

私の子供と同じくらい、7歳くらいだろうか。

すぐに物乞いと解り、手招きした。

私の前に座る。































 「腹減ってるのか?」

 「....うん」

 「食べるか?」

 「.....うん」

 「お父さんは?」

 「...いない。」

 「お母さんは?」

 「...いない。」



会話はこれで終わり、私は席を立った。

5年前にこの街に来たときも食堂はストリートチルドレンで溢れており、

客の食べ残しを奪い合うように食べていたのを何度と無く見た。

仏教地域では子供は仏の子、みんなの子。

飢え死にしないだけましなのかもしれない。

彼らに両親がいない理由を中国にいる私は書く事ができない。

Page Top