MENU

脱北してみた。 2008/11/22



北朝鮮との国境の街、丹東。



朝鮮戦争の時にB29に橋を爆撃される前は、

対岸も含めてひとつの街だったようだ。

それは、


地元では有名なハリボテハウス。きれいな青だった屋根は1週間で色がはげたという。

川岸で対岸の北朝鮮を見ている時だった。



怪しげなネイキッド軍団が現れ、



不思議な踊りを舞い始め、


セクシーなショッキングピンクのパンツが悩ましい。

洗濯している人達を横目に、



飛び込んだ!



気温5度だというのに、



次々と川へ。



入北者だろうか?



いいや。

実はただの水泳愛好者。

両岸がそれぞれ国境となっており、川や中州は中立地帯らしい。

ネイキッド軍団は、毎日のように対岸まで行ってターンしてくるという。

つまり、

毎日脱北してるすごいやつらだ。

ということで、

流行に敏感な俺様、

脱北してみたくなった。



地元の人に最も川幅が短いという場所に案内してもらった。



うん、ここなら泳がなくても渡れそうだ。




うりゃっ!



国境線到達!




勇気を出してもう一度!

うおりゃ?!



入北!




拉致が怖いので、

すぐ脱北。




現地の人に聞いた話だが、

つい先日、

日本のとある公立高校の教師が泳いで入北を試みて、



対岸に着いたとたんに監視小屋の北朝鮮人にぼこぼこにされ、

川に投げ込まれて戻ってきたという。

どうやら日本の教員には不思議な人達がいるようだ。

平和ボケは社会を知らない教育者に問題があるのかもしれない。




☆注意☆
筆者が渡った場所は安全な観光化された場所であり、ぼこぼこにされると痛いので泳いでの入北は絶対にやめましょう。

Page Top